« 3月のライオン14巻 | トップページ | 書類送検 »

2019年1月 3日 (木)

第3のギデオン

第3のギデオンはフランス革命前夜を描く歴史漫画である。マリー・アントワネットはカンの鋭い人物である。庶民生活に無知なところもあるが、国民のことを考えている。「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」は貶めるためのデマである。
ルイ16世も無気力な人物ではなく、家族を守るために自ら戦う人物である。趣味の錠前作りは無能のエピソードとされがちであるが、本作品はそれを活かして戦う。このマリーアントワネットとルイ16世ならばヴァレンヌ逃亡事件のような粗末な失敗はしそうにない。そこはどのように描かれるのだろうか。

« 3月のライオン14巻 | トップページ | 書類送検 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/74880876

この記事へのトラックバック一覧です: 第3のギデオン:

« 3月のライオン14巻 | トップページ | 書類送検 »