« 銀河英雄伝説10 | トップページ | 三度目の殺人 »

2018年10月13日 (土)

しょてんじんのはんせい

『しょてんじんのはんせい』は本の魅力を語る書籍である。著者は埼玉県浦和市(現さいたま市)で生まれ、埼玉県に住み続けている書店人である。
本書はエンターテイメントとしての読書を語る。難しい本を読めという話ではない。映画やビートルズ、プロレスの蘊蓄を語っており、文字通りエンターテイメントである。むしろ読書というよりも昭和の戦後文化を語っているように感じられた。
本書は現代人がスマホばかりで読書しなくなったことに問題意識を持っている。しかし、本書の述べるようなエンターテイメントならば、スマホと両立する。スマホで電子書籍を読むことができるし、「小説家になろう」などの投稿サイトで小説を読むこともできる。

« 銀河英雄伝説10 | トップページ | 三度目の殺人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/74385993

この記事へのトラックバック一覧です: しょてんじんのはんせい:

« 銀河英雄伝説10 | トップページ | 三度目の殺人 »