« 恋する力 | トップページ | 銀河英雄伝説9巻 »

2018年10月 6日 (土)

瑠璃色の一室

『瑠璃色の一室』は現代日本を舞台としたミステリーである。帯にはホワット・ダニットと書かれているため、何が起きたかが問題と思いながら読み進めるが、それも著者の仕掛けかもしれない。実はフー・ダニットの要素がある。
本書には3人の視点人物がいる。章毎に視点人物が変わり、それが繰り返される。視点人物の一人は刑事である。刑事の捜査の進め方が分かるが、これでは冤罪が生まれると感じられるものである。基本的に一人で進めており、上位のマネジメントがなされていない。

« 恋する力 | トップページ | 銀河英雄伝説9巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/74342968

この記事へのトラックバック一覧です: 瑠璃色の一室:

« 恋する力 | トップページ | 銀河英雄伝説9巻 »