« とある魔術の禁書目録 | トップページ | 聖闘士星矢 »

2018年9月25日 (火)

イノサン・ルージュ

『イノサン・ルージュ』はフランス革命直前のパリの処刑人一族を描く漫画である。処刑人一族の娘マリーが主人公であるが、一族の各々にスポットライトをあてている。
貴族の傲慢さが描かれる。こちらが歴史から似せたのだろうが、『銀河英雄伝説』の門閥貴族のような傲慢さである。貴族は自らの血筋によって平民への傲慢さを正当化する。しかし、貴族の権力は宮廷から与えられたものに過ぎず、独立領主としての力はない。国家権力の威を借りる狐である。その意味では問題を門閥とすることは正しくない。むしろ現代日本の身内に甘い警察不祥事と重なる問題である。

« とある魔術の禁書目録 | トップページ | 聖闘士星矢 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/74268335

この記事へのトラックバック一覧です: イノサン・ルージュ:

« とある魔術の禁書目録 | トップページ | 聖闘士星矢 »