« ゴールデンカムイ2巻 | トップページ | 双星の陰陽師 »

2018年9月27日 (木)

さぶ

山本周五郎『さぶ』は江戸時代の江戸で、理不尽に虐げられる貧しい人々を描いた時代小説である。さぶがタイトルであるが、栄二の物語である。栄二は見に覚えのない冤罪で奉公先を追い出され、真実を確認しようとすると半殺しの目に遭い、石川島の人足寄場に送られた。栄二は復讐を誓う。江戸時代版モンテ・クリスト伯と期待したが、違っていた。
本書の言いたいことは復讐心に囚われるなということである。

« ゴールデンカムイ2巻 | トップページ | 双星の陰陽師 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/74280799

この記事へのトラックバック一覧です: さぶ:

« ゴールデンカムイ2巻 | トップページ | 双星の陰陽師 »