« 小説響 | トップページ | るろうに剣心7巻 »

2018年9月 9日 (日)

月は無慈悲な夜の女王

『月は無慈悲な夜の女王』はSF小説の古典である。人類が月に移民し、月生まれ、月育ちの世代もいる未来が舞台である。月は地球連邦の植民地として収奪されていた。その月が独立を目指し、地球連邦と戦う。アメリカ独立戦争を連想させる。無料の昼飯はないとのスローガンは自由を求める人の覚悟を示している。
一方で宇宙開発が夢や希望ばかりの世界ではないことを本書は教えてくれた。月に暮らすと体が低重力に慣れてしまい、地球に帰れなくなる。これは恐ろしいことである。

« 小説響 | トップページ | るろうに剣心7巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/74179522

この記事へのトラックバック一覧です: 月は無慈悲な夜の女王:

« 小説響 | トップページ | るろうに剣心7巻 »