« 双星の陰陽師 | トップページ | ヒカルの碁 »

2018年9月28日 (金)

聖闘士星矢2巻

車田正美『聖闘士星矢』2巻(集英社)はトーナメントである。後に判明する女神の目的からすれば、自分を守る青銅聖闘士を互いに闘わせて潰していくことが賢明とは思えない。互いに競わせて残ったものだけを評価する組織体質はブラック企業的である。
そもそも百人の孤児に聖衣を求めて旅出させたことも効率的な方策ではない。ゲームのドラゴンクエストでも国王が自称勇者に僅かなゴールドを与えて竜王を倒してくれることを期待するが、人的資源の無駄遣いである。
これまで作者は熱い男の闘いを描く劇画的な作風であった。これに対して本作品はギリシア神話を背景とし、バトルも超自然的な内容になっている。

« 双星の陰陽師 | トップページ | ヒカルの碁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/74289762

この記事へのトラックバック一覧です: 聖闘士星矢2巻:

« 双星の陰陽師 | トップページ | ヒカルの碁 »