« 進撃の巨人24 | トップページ | テイクツー第7巻 »

2018年7月28日 (土)

市民選挙研究会

市民選挙研究会に参加しました。小金井市の監査請求の話が印象に残りました。報酬が11000円と規定されているのに、小金井市が10000円しか払っていなかった問題です。小金井市のミスは明らかですが、小金井市は、報酬を10000円と規定するところ、11000円と誤記したと主張しています。これが通るならば本来の正しい報酬が10000円で、10000円の報酬を受け取っていた人は損をしていないという言い分が出てきかねません。ルール無視の論理です。
私には似たような経験があります。私が購入したマンションは東急コミュニティーに管理を委託していましたが、東急コミュニティーは契約書に定められた点検回数よりも少ない回数で点検していました(林田力『東急コミュニティー解約記』Amazonキンドル)。真相発覚後に東急コミュニティーは契約書の記載が誤りで、実際の点検回数が正しいと正当化しました。東急コミュニティーは管理組合からの管理委託費値下げの依頼も拒否しました。

« 進撃の巨人24 | トップページ | テイクツー第7巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/73935917

この記事へのトラックバック一覧です: 市民選挙研究会:

« 進撃の巨人24 | トップページ | テイクツー第7巻 »