« ながい坂下巻 | トップページ | 風力発電 »

2018年6月 3日 (日)

信長のシェフ21巻

『信長のシェフ』21巻は上杉謙信との戦いである。史実では織田軍団が脆くも敗れ去っており、どのように本作品が描くのか興味深い。この巻では手取川の戦いまで進まず、続きが気になる。また、主人公の料理で歴史が動く展開が本作品の定番であったが、この巻では信長が史実では考えられないような方針を出しており、それがどのような結果になるか想像つかない。
手取川の戦いの前には柴田勝家と羽柴秀吉の仲間割れが起きた。本作品の勝家は一般に流布されている横柄イメージではない。羽柴秀吉も勝家との感情的対立ではなく、冷静に計算して別行動をとった。それが信長の秘密の方針には悪い結果を及ぼしそうで気がかりである。
武田勝頼は自国の国力を評価する理知的な政治家になっている。このような勝頼ならば『センゴク』で描かれたような領内改革を推進するだろうが、それが家臣団の結束を壊し、滅亡を速めたことは皮肉である。

東急不動産消費者契約法違反訴訟を通して東急不動産の対応はどんどん悪くなり、腐っていくばかりでした。どんな恥知らずなことでもやってのける連中です。

« ながい坂下巻 | トップページ | 風力発電 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/73613754

この記事へのトラックバック一覧です: 信長のシェフ21巻:

« ながい坂下巻 | トップページ | 風力発電 »