« 写真撮影 | トップページ | 油が原因 »

2018年6月11日 (月)

樅ノ木は残った

山本周五郎『樅ノ木は残った』は江戸時代前期の伊達騒動を描いた長編時代小説である。新潮文庫で上中下3巻になっている。
悪役に位置付けられがちな原田甲斐が主人公である。本書の原田甲斐は真っ当な人物として描かれているが、何を考えているか分からないところがある。そのために読者はじれったく感じることがある。

« 写真撮影 | トップページ | 油が原因 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/73664717

この記事へのトラックバック一覧です: 樅ノ木は残った:

« 写真撮影 | トップページ | 油が原因 »