« 役所仕事に納期意識を | トップページ | 愛国者のトリック »

2018年5月30日 (水)

へうげもの3巻

へうげもの3巻は本能寺の変から山崎の合戦までである。作品の面白さはトーンダウンしたと感じた。松永久秀の話を聞かずに平蜘蛛の茶釜に見とれるなど名物狂いが面白かった。ところが、この巻では古田織部が名物にときめかなくなっている。代わりに路傍の草花や縄文土器にときめているが、過去の名物への熱情に比べると弱い。これは室町時代の伝統的価値観から独立した自己の美意識を形成する過程にあることを示すもので、物語としては必要なものである。
山崎の合戦に至る武将達の描き方はユニークである。徳川家康は義に熱い。一般には黒田官兵衛は本能寺の変を天下取りのチャンスと捉え、羽柴秀吉を焚き付けたと描かれる。

« 役所仕事に納期意識を | トップページ | 愛国者のトリック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/73584993

この記事へのトラックバック一覧です: へうげもの3巻:

« 役所仕事に納期意識を | トップページ | 愛国者のトリック »