« 東急大井町線問題 | トップページ | ENGEIグランドスラム »

2018年4月 6日 (金)

ベーシックインカム

ベーシックインカムの一番の問題は支出の正統性です。生活保護のように貧困者を対象に支出することは理解しやすいです。これに対して生活に困っている人も困っていない人も関わりなく、一律に支払うことが正当化できるかという問題があります。
この問題に対する理論的な解として、私は国家や自治体の主権者に対する配当という考えを提示します。国家や自治体では株式会社の株主に相当するものが国民や住民です。
但し、国家や自治体は株式会社のような持株数で持分を決めていません。このために個人に一律の金額を支出します。

« 東急大井町線問題 | トップページ | ENGEIグランドスラム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/73250339

この記事へのトラックバック一覧です: ベーシックインカム:

« 東急大井町線問題 | トップページ | ENGEIグランドスラム »