« 天は赤い河のほとり | トップページ | 天は赤い河のほとり2 »

2018年1月 1日 (月)

とりかえばや

#古典 #書評 #マンガ
『とりかえばや』は平安時代の文学作品の漫画である。男子と女子を取り替えた物語である。平安時代に性同一性障害の認識があったとは恐るべきことである。沙羅双樹は男性として宮廷に出仕し、活躍する。能力を発揮できて会っているが、内心は性を偽っているとの悩みを抱えている。他の人達と異なるということが悩みになっている。
梅壺は沙羅双樹に不審と敵意を持っているが、それ以外の登場人物は複雑な血縁要素もあるのに善人ばかりである。これは男女入れ替わりの物語に集中できる。

« 天は赤い河のほとり | トップページ | 天は赤い河のほとり2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/72596556

この記事へのトラックバック一覧です: とりかえばや:

« 天は赤い河のほとり | トップページ | 天は赤い河のほとり2 »