« 銀魂 | トップページ | 林田力・ドラマレビュー »

2017年9月 6日 (水)

本能寺ホテル

#映画 #綾瀬はるか #本能寺ホテル
『本能寺ホテル』はタイムスリップ物の映画である。本能寺の変直前にタイムスリップする。『信長協奏曲』や『信長のシェフ』など織田信長はタイムスリップ物と相性が良い。それは信長の合理主義が現代人の感覚と近いためである。この作品の信長も信じられないほど物分かりが良い。
主演の綾瀬はるかの天然キャラが炸裂している。素も天然とされるが、どうだろうか。NHK大河ドラマ『八重の桜』の凛とした姿に好感が持てる。本作の主人公は結構、意思の強さを示している。
この映画で耳に残っているものは、ぶりぶりぎっちょうである。

« 銀魂 | トップページ | 林田力・ドラマレビュー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/71632472

この記事へのトラックバック一覧です: 本能寺ホテル:

« 銀魂 | トップページ | 林田力・ドラマレビュー »