« コータローまかりとおる | トップページ | 本能寺ホテル »

2017年9月 4日 (月)

銀魂

#マンガ #銀魂 #書評
銀魂では喜々が魅せる。最後の将軍・徳川慶喜に因むキャラクターであるが、最後の将軍に深い意味を与えた。かつて徳川慶喜は英明と評価されたが、最近では肝心なところでフラフラする二心殿の呼び名も定着し、評価が下がっている。銀魂の喜々は、慶喜以上に狡猾な人物と描かれたが、最後は慶喜以上のかっこよさを出した。
同じような例に真撰組動乱編がある。史実の伊東甲子太郎の分裂騒動を下敷きにした話である。ここで登場する伊東鴨太郎も狡猾な人物であったが、最後は潔さを見せた。史実を下敷きにしながら、史実以上のドラマを描いている。

弁護士懲戒請求
https://sites.google.com/site/lawliberalarts/liberalarts
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Conspiracy (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.in/dp/B071LD5TDT/

« コータローまかりとおる | トップページ | 本能寺ホテル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/71615574

この記事へのトラックバック一覧です: 銀魂:

« コータローまかりとおる | トップページ | 本能寺ホテル »