« 積水ハウスが地面師被害 | トップページ | 二子玉川再開発騒音 »

2017年8月 7日 (月)

ワンピース86巻

#ワンピース #マンガ #書評
ワンピース86巻は、いよいよビッグ・マムの茶会が始まる。スイート三将星の最後の一人が登場する。カッコいい敵キャラクターは久しぶりである。未来が見えるということでチートになると懸念されたが、そうでもない現実的な存在である。口元が常に隠れている点が気になる。シリアスなイケメンキャラであるが、実は口裂け男というギャグがあるかもしれない。
ビッグ・マムは情緒不安定である。四皇のうち、白ひげとシャンクスは人格者であるが、ビッグ・マムとカイドウは人格に問題がある。自分の感情から自由になっていないのに海の皇帝のような存在と言えるのか。完成された悪のボスと言えばクロコダイルを越える存在はいない。

« 積水ハウスが地面師被害 | トップページ | 二子玉川再開発騒音 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/71359057

この記事へのトラックバック一覧です: ワンピース86巻:

« 積水ハウスが地面師被害 | トップページ | 二子玉川再開発騒音 »