« ワンルームマンション投資 | トップページ | 東急電鉄問題 »

2017年7月31日 (月)

医療裁判

#病院 #医療 #裁判
流入速度を速めたことを違法とした。しかし、結果への因果関係を認めなかった。
極めて不当な判決である。延命措置に対して説明義務違反がある。人工呼吸器をつけるかどうかではなく、点滴を止める、夜間のみ酸素吸入するなどを被告長男の要求で行った。
キーパーソンの役割を説明していないとの主張に答えていない。
酸素吸入を夜間のみとしてもいいとした。納得できない判断である。
流入速度を速めたから嘔吐した。想定外だから責任を負わないという点は不当である。コウセイ病院の管理が杜撰であった。病院には注意義務違反がないとした。

« ワンルームマンション投資 | トップページ | 東急電鉄問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497483/71292267

この記事へのトラックバック一覧です: 医療裁判:

« ワンルームマンション投資 | トップページ | 東急電鉄問題 »