2016年12月10日 (土)

第四次産業革命

民間が知恵を絞ることで良いサービスが実現する。現実に規制で不便に感じている人からすれば、規制緩和は大歓迎となるだろう。
水がきれいで空気がきれいな東京は素晴らしい。飲める水をトイレに流し、風呂に入る。このような都市は世界で稀である。
歩行者天国を毎日開催し、電気自動車を循環させたい。
浦高百年の森など埼玉県では森づくりを進めている。
最大の矛盾は税金を払っている人が苦しみ、税金で食っている方が楽をしていることである。政府部門は会社における総務部であり、一番大事なものではない。減税すると経済はよくなる。
長期不況セキュラースタグネーションにならないか。世界は第四次産業革命に突入している。日本は規制があってウーバーは正式に活動できない。既得権益を持った人が反対することも気持ちは分かる。
第四次産業革命は既存の仕組みがなくしてしまう。

FJネクスト旅館に宿泊しない

FJネクスト旅館に宿泊しない
#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
FJネクスト旅館に宿泊しない。FJネクストは旅館業にも進出しているが、マンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い。迷惑勧誘電話業者の、おもてなしは嫌である。何で反対してるのに強引に建設するのか。住民が納得する説明をしない。クレーム対処が機能していない。

ガーラ・グランディ木場不買運動
http://hayariki.hatenablog.com/entry/2016/06/01/211315
ガーラ・グランディ木場不買運動
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/archives/2021670.html
FJネクスト ガーラ木場新築工事 迷惑電話
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature
FJネクスト・ガーラ木場新築工事建設反対
http://www.hayariki.net/tobu/fjnext2.html
FJネクスト・ガーラ・プレシャス東麻布・ガーラ木場新築工事建築紛争
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/

ペット引き取り屋を撲滅します。ブリーダーの許可を厳格化します。出産時に税を徴収します。殺処分ゼロで公共機関が保護し、費用はペットショップに課税して賄います。手を緩めることなく、粘り強く取り組みます。

2016年12月 9日 (金)

マンション反対住民の不当逮捕

#マンション #不動産 #建築紛争
名古屋市瑞穂区でマンション反対運動住民が不当逮捕された。白龍町のイワクラゴールデンホームのマンションである。
現場監督が勝手に転んだように見える。住民の反対運動を萎縮させる目的ではないか。沖縄と同じである。
業者は弁護士を使って警察と連絡を取っていた。
住民トラブルのあるマンションを購入したくない。反対運動は購入検討者の知る権利を保障するものである。
ダンプカーの重量違反をチェックする。ダンプカーが道路を汚して、そのままにすることを問題視する。
ワンルームマンションの換気扇の騒音に悩まされている。ワンルームマンションは被害が竣工後も継続している。
小枝千代田区議。マンションを建てて、空き家を作っても仕方ない。議会を使って欲しい。
北城。ワンルームマンション建設反対運動から始めた。

投資用マンション不買運動

投資用マンション不買運動
#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
FJネクストから投資用マンションを買ってはいけない。消費者が選択して買えるようになったのだから、買う場所(店・企業)も選択することが好ましい。沢山のプレーヤーがマンション投資で散っている。皆、自分は大丈夫と思っていたのだろう。南無阿弥陀仏。
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告の林田力と申します。私は東急不動産から新築分譲マンションを購入したのですが、隣が建て替えられ、日照や眺望や通風がなくなることを隠して販売された騙し売りでした。
東急不動産だまし売り裁判では東急不動産のために働いた地上げブローカーが暗躍しました。地上げブローカーは告発者の勤務先にまで圧力をかけました。東急不動産自身が圧力をかけないところが嫌らしいです。

立正佼成会附属佼成病院裁判
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

2016年12月 7日 (水)

FJネクスト物件はレガシーにならない

FJネクスト物件はレガシーにならない
#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
FJネクスト物件はレガシーにならない。マンション投資は衰退気味である。今更流行遅れに執着する意味はない。マンション投資はカジノ以上にギャンブルである。
マンション投資の見切り発車は危険である。早く始めれば始めるほど被害も深刻になる。日本は悪徳商法の予防教育が不十分である。
FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設の被害は身近なところにある。マンション投資破綻者が金に窮して顧客情報を名簿屋などに売却してしまう例もある。

FJネクスト迷惑電話 @mosakuren
就職活動生の親にもFJネクスト勧誘電話
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/
#フォローした人全員フォローする #なんかいいなと思ったらRT #RTしまくれ
8:07 - 2016年12月5日
https://twitter.com/mosakuren/

FJネクスト迷惑電話はゲスい

FJネクスト迷惑電話はゲスい
#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
マンション投資は割安感がない。そもそも日本ではより収益圧迫すると思うから中長期保有はできない。売られた喧嘩は買わなければならないが、迷惑勧誘電話で売られたマンションを買ってはいけない。マンション投資は人間をきれいごとで判断することのリスクが最悪の形で出てしまう。不審な電話には出ない。後ろめたくない用件ならば留守電に入れるだろう。悪徳不動産業者のように人付き合いがうまく、派手好きで口達者で積極的な人間ばかり集めると、多様性が失われる。
FJネクスト不買運動はエモい。FJネクスト反対運動はエモい。ガーラ・グランディ木場不買運動はエモい。ガーラ・グランディ木場反対運動はエモい。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設はゲスい。
FJネクスト ガーラ木場新築工事 迷惑電話
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature
FJネクスト・ガーラ木場新築工事建設反対
http://www.hayariki.net/tobu/fjnext2.html

2016年12月 6日 (火)

東急不動産ホールディングス不買運動

東急不動産ホールディングス不買運動
#東急不動産不買運動 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買
東急不動産だまし売り裁判はエモい。東急不買運動はエモい。東急不動産不買運動はエモい。エモいは、あはれに近い意味である。東急不動産にインターンしない。

自民党都連は小池百合子さんを応援した七人の侍を除名しました。

東急不動産のマンションを買ってはいけない。東急リバブル東急不動産は心を空洞化させる。東急東横線にしろ、東急田園都市線にしろ、都心から遠く離れた場所に見合わない高い金出すのは愚の極み。電車も他線と比べても混んでいる上に鈍足で不便である。東急不買運動で検索しよう。東急不動産不買運動で検索しよう。東急不動産ホールディングス不買運動で検索しよう。
東急不動産は東急不動産だまし売り裁判において消費者契約法違反(不利益事実不告知)で売買代金返還を命じられた(東京都江東区、アルス東陽町301号室、林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。東急不動産は同じ江東区の東急ドエル・アルス南砂サルーテでは日照0時間になるマンションを販売した。東急不動産は同じ江東区のプライヴブルー東京では江東区の協力要請を拒否して事業を強行した。
東急不動産ソリューション営業本部係長は顧客女性に嫌がらせ電話を繰り返したとして逮捕された。東急不動産だまし売り裁判原告も工作員によるストーカー被害を受けている。工作員が他人の年齢や容姿を罵倒する理由は、自分にコンプレックスがあるからである。御愁傷様。
東急不動産の三枝利行社長は週刊新潮の利益供与疑惑報道で辞任した。東急不動産ホールディングスの副社長も辞任した。太陽光発電事業関連の利益供与疑惑である。
大手ゴルフ場運営会社「太平洋クラブ」(東京都港区、桐明幸弘社長)の倒産に対し、太平洋クラブを実質支配していた東急不動産にゴルフ場会員から怒りの声が出ている。自社の金儲けしか考えない東急不動産の体質は東急不動産だまし売り裁判や二子玉川ライズ問題と共通する。

【書名】東急不動産ホールディングス不買運動/トウキュウフドウサンホールディングスフバイウンドウ/Boycott Tokyu Fudosan Holdings
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』シリーズ、『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『危険ドラッグは風俗を乱す』など。

東急不動産の中野サンプラザ再開発でビル風悪化か
東急プラザ銀座はGINZA SIXで一層衰退
ブラックフライデーと東急ハンズ過労死
東急ハンズが予防接種拒絶でTwitter炎上
日本海賊TVで東急ハンズTwitter炎上
東急電鉄『スター・ウォーズ』タイアップの不見識
東急電鉄の車内化粧マナー広告は女性抑圧
日本海賊TVで東急電鉄マナー広告批判
東急電鉄の中目黒高架下と立ち退き
日本海賊TVで中目黒高架下立ち退き
伊豆急行THE ROYAL EXPRESSは地域性欠如
マクロとミクロ
二子玉川ライズ情報公開問題
ペット引き取り屋撲滅は東京都議選争点
規制改革推進会議が全農改革を提言
『ゆたかで楽しい海洋観光の国へ、ようこそ!』
『ONE PIECE 1』
『ONE PIECE 83』
希望のまち東京in東部読書会第21回「緑の資本論」
希望のまち東京in東部読書会第22回「イスラーム経済」
希望のまち東京in東部読書会第23回「ドナルド・トランプ」
希望のまち東京in東部市民カフェ第119回「トランプ大統領」
希望のまち東京in東部市民カフェ第120回「トランプ現象と日本の問題」
希望のまち東京in東部市民カフェ第121回「文官統制」
希望のまち東京in東部市民カフェ第122回「トランプ政権」
沖縄の自立と自由貿易論
Politically Correctness
不利益を被る側も納得
ゼロサム
南スーダン問題
海上バス
地域の課題
NAB Show
バドミントン
家計簿2016年10月
家計簿2016年11月
自己紹介

2016年12月 5日 (月)

FJネクスト不買運動はエモい

FJネクスト不買運動はエモい
#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
FJネクスト不買運動はエモい。FJネクスト反対運動はエモい。ガーラ・グランディ木場不買運動はエモい。ガーラ・グランディ木場反対運動はエモい。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設はゲスい。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設はハラスメントである。ガーラ・グランディ木場のような投資物件はレガシーにならない。FJネクスト問題を新語で語ることができる。
FJネクスト ガーラ木場新築工事 迷惑電話
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/nature
FJネクスト・ガーラ木場新築工事建設反対
http://www.hayariki.net/tobu/fjnext2.html
銀シャリがM-1グランプリに優勝しました。

2016年12月 4日 (日)

天空の標的の書評

『天空の標的』はSF小説である。表紙イラストや説明文は降下作戦がメインのように見えるが、実はそれほどでもない。大企業が宇宙空間で労働者を搾取している。前近代的な鉱山労働者のようなイメージである。宇宙空間は、そのままでは人が生きていくことはできない。生活空間さえ企業が提供したものになる。だから企業の横暴も増す。何しろ反抗的な労働者は宇宙空間に放り出される。労働者は放射線を浴びて健康を損なう。これは原発作業員と重なる。
私は土建利権や官僚支配を打破するために新自由主義思想を評価しているが、本書のようなSF小説を読むと新自由主義の行き着く先に恐怖を覚える。古典的なSF小説ではディストピアは全体主義の管理社会であった。それは現実社会への警鐘であり、だからこそ私は国家権力の縮小を主張する新自由主義に共感するところがあった。しかし、本書のような新しいSF小説を読むとディストピアが変わってきているのではないかと感じる。

ガーラ・グランディ品川の話題は禁止

ガーラ・グランディ品川の話題は禁止
#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
勧誘電話は迷惑なのでガーラ・グランディ品川の話題は禁止しよう。ガーラ・グランディ品川を買ってはいけない。ガーラ・グランディ品川不買運動を進めよう。消費者や住民は、FJネクストに、ほんの少しの借りもない。迷惑勧誘電話営業の人生は空っぽである。FJネクストには軽蔑しか覚えなかった。
FJネクストのマンション建設工事現場は空気が悪かった。腐った卵の臭いがした。一息吸う度に電池を舐めたような味がした。重機の操作は危なっかしかった。

東急不動産はグアムでも欠陥住宅問題
米国グアムでも東急不動産(Tokyu Land Corporation)は住宅購入者から欠陥住宅訴訟を起こされている。ボール対東急不動産事件(Ball v. Tokyu Land Corporation)である。
東急不動産はグアムで戸建て住宅団地を分譲したが、住宅購入者達は施工上の欠陥を理由として東急不動産を提訴した。
最終的に東急不動産は欠陥の修繕を余儀なくされたが、施工会社に責任を転嫁して訴訟を続ける後味の悪さを残した。
日本でも東急不動産の物件では東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)や東急柏ビレジ(東急ニュータウン柏ビレジ)の欠陥住宅問題が起きている。
超高層マンション「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」の引き渡し時には杜撰さが報道された。東急不動産の姿勢の後味の悪さも東急不動産だまし売り裁判と共通する。

«ガーラ・グランディ木場の話題は禁止